ブログパーツ

くまの運動会

オリンピック、ワールドカップ、世界選手権などスポーツと健康、ダイエットに関するブログです!掲示板では各種最新情報掲載中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

バレーボール女子世界選手権 歴代メダル獲得ランキング

バレーボール女子世界選手権 2014 イタリア大会は、アメリカが悲願の初優勝を果たして幕を閉じました。

そこで、例によって歴代大会のメダル獲得国一覧とメダル獲得ランキングを作成、集計してみました。

まずは、歴代大会の優勝国、準優勝国、3位のメダル獲得国一覧から。
女子バレーボールの大きな流れとして、
・ソビエト連邦と日本の時代
・キューバと中国の時代
・ロシアとブラジルの時代
となっていますが、今大会はアメリカが優勝、中国が準優勝となり、時代の節目に現れる群雄割拠の戦国時代に入っているようにも見えます。

歴代大会メダル獲得国一覧
優勝 準優勝 3位
第1回 1952 ソビエト連邦 ポーランド チェコスロバキア
第2回 1956 ソビエト連邦 ルーマニア ポーランド
第3回 1960 ソビエト連邦 日本 チェコスロバキア
第4回 1962 日本 ソビエト連邦 ポーランド
第5回 1967 日本 アメリカ 韓国
第6回 1970 ソビエト連邦 日本 北朝鮮
第7回 1974 日本 ソビエト連邦 韓国
第8回 1978 キューバ 日本 ソビエト連邦
第9回 1982 中国 ペルー アメリカ
第10回 1986 中国 キューバ ペルー
第11回 1990 ソビエト連邦 中国 アメリカ
第12回 1994 キューバ ブラジル ロシア
第13回 1998 キューバ 中国 ロシア
第14回 2002 イタリア アメリカ ロシア
第15回 2006 ロシア ブラジル セルビア・モンテネグロ
第16回 2010 ロシア ブラジル 日本
第17回 2014 アメリカ 中国 ブラジル

これを、いつものようにランキング化すると以下のようになります。

歴代メダル獲得ランキング
*1) 「pts」は金=3、銀=2、銅=1として算出
*2) 「順位」は①pts、②金、③銀の多い順
2014年イタリア大会メダル獲得国
順位 出場国 総計 pts
1 ソビエト連邦 5 2 1 8 20
2 日本 3 3 1 7 16
3 中国 2 3 0 5 12
4 キューバ 3 1 0 4 11
5 ロシア 2 0 3 5 9
6 アメリカ 1 2 2 5 9
7 ブラジル 0 3 1 4 7
8 ポーランド 0 1 2 3 4
9 イタリア 1 0 0 1 3
10 ペルー 0 1 1 2 3
11 ルーマニア 0 1 0 1 2
12 チェコスロバキア 0 0 2 2 2
12 韓国 0 0 2 2 2
14 セルビア・モンテネグロ 0 0 1 1 1
14 北朝鮮 0 0 1 1 1
1位がソビエト連邦のため、現存する国では日本がそのソビエト連邦との2強時代の実績で1位。
但し、現在のロシアに旧ソビエト連邦の実績を含めているFIVBのカウント方法に従うと、ロシアが断然トップとなります。

今大会で銀メダルを獲得した中国が、近年低迷しているキューバを抜いて3位。
初優勝を果たしたアメリカと、またしても初優勝を逃したブラジルが、メダルを逃したロシアに追い付いて来ました。
イタリアはメダルを逃して4位2回、5位2回となり9位。

尚、次回の18回大会は日本での開催が予定されていて、1998年以来6大会中4大会が日本開催となります。
女子バレーボールは多くの大会が継続的に日本開催となっており、日程面でも日本中心の大会運営となっているという特徴があります。

※参考
バレーボール男子世界選手権 歴代メダル獲得ランキング

バレーボール関連のベストセラー
世界選手権関連のベストセラー
オリンピック関連のベストセラー
関連記事
[ 2014/10/13 08:37 ] 夏季オリンピック バレーボール | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

全記事表示リンク
Amazonベストセラー



ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。