ブログパーツ

くまの運動会

オリンピック、ワールドカップ、世界選手権などスポーツと健康、ダイエットに関するブログです!掲示板では各種最新情報掲載中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第45回 世界体操競技選手権 2014 - 女子個人総合決勝の結果

2014年10月3日から中国の南寧で開催されている第45回 世界体操競技選手権 2014。
10月10日には男子個人総合の決勝が行われました。

日本選手団からは、予選12位で通過した寺本明日香選手と、20位で通過した笹田夏実選手が出場しています。

【日本選手団の成績】
寺本明日香選手 - 53.864で18位
・跳馬 - 13.766で24位
・段違い平行棒 - 13.766で13位
・平均台 - 12.866で21位
・ゆか - 13.466で11位

笹田夏実選手 - 53.166で20位
・跳馬 - 14.000で17位
・段違い平行棒 - 13.233で18位
・平均台 - 12.700で22位
・ゆか - 13.233で16位

金メダルは予選1位のBILES Simone選手(アメリカ)。
跳馬とゆかで全体1位の得点を出し、予選より総得点を0.632上げての優勝で連覇達成となりました。

銀メダルは予選3位のIORDACHE Larisa Andreea選手(ルーマニア)。
平均台で1位、ゆかでも2位の得点を出すなど、4種目全てで安定した強さを見せ、予選より1.400高い総得点を上げています。

銅メダルは予選5位のROSS Kyla選手(アメリカ)。
跳馬で2位だった他、やはり4種目全てで上位に入り、予選より0.291高い総得点で順位を2つ上げてメダルを獲得しています。

予選2位だったMUSTAFINA Aliya選手(ロシア)は、ゆかで13位の得点となり、予選より総得点、順位を落として4位。
予選4位だったYAO Jinnan選手(中国)は、得意の段違い平行棒で1位の得点を出しましたが、苦手のゆかで22位の得点となり、やはり予選より総得点、順位を落として5位。

【女子個人総合 決勝結果】
1 BILES Simone アメリカ 60.231
2 IORDACHE Larisa Andreea ルーマニア 59.765
3 ROSS Kyla アメリカ 58.232
4 MUSTAFINA Aliya ロシア 57.915
5 YAO Jinnan 中国 57.465
6 FERRARI Vanessa イタリア 57.166
7 SOSNITSKAYA Alla ロシア 56.166
8 LOPEZ AROCHA Jessica Brizeida ベネズエラ 56.133
9 BLACK Elsabeth カナダ 56.132
10 FRAGAPANE Claudia イギリス 56.098
11 HARROLD Ruby イギリス 55.615
12 SHANG Chunsong 中国 55.499
13 POPA NEDELCU Roxana スペイン 55.299
14 PIHAN-KULESZA Marta ポーランド 55.156
15 STEINGRUBER Giulia スイス 55.132
16 MARTINS Ana Filipa ポルトガル 54.732
17 FASANA Erika イタリア 53.999
18 寺本明日香 日本 53.864
19 STANILA Alina ルーマニア 53.533
20 笹田夏実 日本 53.166
21 BROWN Georgia Rose オーストラリア 52.832
22 HILL Lisa Katharina ドイツ 52.198
23 GARCIA RODRIGUEZ BLANCAS Elsa メキシコ 52.031
24 WAEM Laura ベルギー 51.966

体操競技関連のベストセラー
体操関連のベストセラー
世界選手権関連のベストセラー
オリンピック関連のベストセラー
関連記事
[ 2014/10/11 00:33 ] 夏季オリンピック 体操競技 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

全記事表示リンク
Amazonベストセラー



ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。