ブログパーツ

くまの運動会

オリンピック、ワールドカップ、世界選手権などスポーツと健康、ダイエットに関するブログです!掲示板では各種最新情報掲載中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

バスケットボール FIBA世界ランキング 女子(2014年10月5日付)

2014年10月5日に閉幕した2014 女子バスケットボール世界選手権 トルコ大会の結果を受けて、最新のFIBA世界ランキング 女子が発表されました。
更新日付は、その10月5日付で11ヶ月ぶりの更新です。

今回は2006年の世界選手権の成績がポイントから外れて、2014年の世界選手権の成績が集計の対象となっていますので、それによる変動が発生しています。

アメリカが2連覇を達成してポイントを大きく伸ばし、2006年優勝のオーストラリアが銅メダルとなったことで大きくポイントを落としており、2トップの差は非常に大きなものになっています。
準優勝したスペインがポイントを伸ばして3ランクアップの3位となり、不出場だったロシアは大幅にポイントを落として2ランクダウンの5位。
フランスはポイントでは微減ですが、スペインとロシアの入れ替わりの間に挟まるような形で4位キープ。
チェコもフランス同様ポイントは微減ですが、ロシアのポイントがここまでは落ちて来ず、スペインに抜かれた分1ランクダウンの6位。
今大会11位に終わったブラジルがポイントを落とし、ポイントを伸ばしてきた中国とは僅差となって、7位と8位をそれぞれキープ。
元々僅差のベラルーシとカナダが共にポイントを伸ばしましたが、ベラルーシの方が伸びが大きく順位が入れ替わり、9位にベラルーシ、10位にカナダ。
今大会初出場で4位の成績を残した開催国トルコは、ポイントを伸ばしましたが、ベスト10には僅かに届かず11位。

本大会は3連敗に終わった日本ですが、2006年は不出場だったためポイントを伸ばして2ランクアップの15位。
世界選手権の順位では14位でしたので、結果的にそれと近いポジションとなっています。

FIBA世界ランキング 女子(2014年10月5日付)
2014年世界選手権に出場、かつランクアップした国
順位 国・地域 変動 2014/10/05 2013/11/03
1 アメリカ 0 1040.0 940.0
2 オーストラリア 0 590.0 690.0
3 スペイン 3 550.0 405.0
4 フランス 0 456.0 466.0
5 ロシア -2 431.0 631.0
6 チェコ -1 422.0 432.0
7 ブラジル 0 308.0 343.0
8 中国 0 286.0 256.0
9 ベラルーシ 1 254.0 209.0
10 カナダ -1 251.2 226.2
11 トルコ 2 235.0 160.0
12 韓国 -1 191.0 191.0
13 キューバ 1 131.0 136.0
14 アルゼンチン -2 112.2 162.2
15 日本 2 112.0 87.0
16 ラトビア 0 94.0 94.0
17 セルビア 12 84.0 29.0
18 アンゴラ 2 82.0 67.0
19 マリ -1 81.8 81.8
20 クロアチア -1 73.0 73.0
21 ギリシャ 1 66.0 66.0
22 ニュージーランド 1 61.0 61.0
23 イギリス 1 58.0 58.0
24 セネガル -4 47.0 67.0
25 リトアニア -10 39.0 104.0
26 チリ 0 38.4 38.4
27 モザンビーク 11 36.4 16.4
28 プエルトリコ -1 34.4 34.4
29 イタリア -1 34.0 34.0
30 ジャマイカ 0 27.2 27.2
30 メキシコ 0 27.2 27.2
32 スロバキア 1 25.0 25.0
33 モンテネグロ 1 23.0 23.0
34 ベネズエラ 1 18.4 18.4
35 イスラエル 1 18.0 18.0
35 台湾 -10 18.0 43.0
37 ドミニカ共和国 0 16.8 16.8
38 ポーランド 1 16.0 16.0
39 インド 1 15.6 15.6
40 マレーシア 1 14.4 14.4
41 ドイツ 1 14.0 14.0
42 ウクライナ 1 12.0 12.0
42 スウェーデン 1 12.0 12.0
42 タイ 1 12.0 12.0
42 ベルギー 1 12.0 12.0
46 ナイジェリア -14 11.2 26.2
47 カメルーン 0 10.6 10.6
48 ウズベキスタン 0 10.5 10.5
49 カザフスタン 0 10.2 10.2
50 コートジボワール 0 9.8 9.8
51 コロンビア 0 9.6 9.6
52 パラグアイ 0 8.0 8.0
53 レバノン 0 7.5 7.5
54 スリランカ 0 6.3 6.3
55 インドネシア 0 6.0 6.0
55 ハンガリー 0 6.0 6.0
55 ルーマニア 0 6.0 6.0
58 フィリピン 0 5.4 5.4
58 香港 0 5.4 5.4
60 チュニジア 0 5.2 5.2
61 コンゴ民主共和国 0 4.8 4.8
61 シンガポール 0 4.8 4.8
63 カーボベルデ 0 4.0 4.0
63 マダガスカル 0 4.0 4.0
63 ルワンダ 0 4.0 4.0
66 ケニア 0 3.2 3.2
67 フィジー 0 3.0 3.0
68 ベトナム 0 2.7 2.7
69 エジプト 0 2.2 2.2
70 アルジェリア 0 1.6 1.6
70 ギニア 0 1.6 1.6
70 南アフリカ 0 1.6 1.6
73 ガーナ 0 1.4 1.4
73 ジンバブエ 0 1.4 1.4
73 モーリシャス 0 1.4 1.4
※前回とのポイント比較は当サイト独自のもので、公式データではありません。

女子も男子同様で、オリンピックと世界選手権の比重が「5」でユーロバスケット選手権が「1」なのに対して、アジア選手権は「0.3」となっています。

※参考(男子)
バスケットボール FIBA世界ランキング 男子(2014年9月14日付)

バスケットボール関連のベストセラー
世界選手権関連のベストセラー
オリンピック関連のベストセラー
関連記事
トラックバック
この記事のトラックバックURL

全記事表示リンク
Amazonベストセラー



ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。