ブログパーツ

くまの運動会

オリンピック、ワールドカップ、世界選手権などスポーツと健康、ダイエットに関するブログです!掲示板では各種最新情報掲載中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2014 女子バスケットボール世界選手権 決勝&表彰(2014年10月5日)

2014年9月27日から開催されていた2014 女子バスケットボール世界選手権 トルコ大会。
7日目は最終日で、決勝が行われたほか、3位決定戦、5位決定戦、7位決定戦の各順位決定戦が行われました。

注目の決勝はスペイン(世界ランキング6位)とアメリカ(同1位)の対戦。

この試合は、いきなり第1クォーターに大きなポイントがやってきます。
機先を制したアメリカがそのまま序盤にリードを広げ、28-17でこのピリオドを終えます。
第2クォーターに入って追い上げたいスペインでしたが、焦りがあったのかミスショットを連発して却って大きくリードを許し、アメリカが48-29としてハーフタイム。
第3クォーターに五分の勝負まで盛り返したスペインでしたが、差を詰めるには至らず67-48で第4クォーターへ。
最後にようやくスペインが差を詰め始めましたが、前半に付けられた差が大きく77-64でアメリカが勝利し、2連覇を達成しています。

この試合は、スペインがオフェンスリバウンドで23-8と大きくリードしていますが、反対にディフェンスリバウンドで19-32とアメリカが大きくリード。
トータルリバウンドではスペインが42-40で僅かにリードしていますが殆ど互角。
つまり、スペインにそれだけ多くのミスショットがあり、そのリバウンドをスペインが23回、アメリカが32回取っているということになります。
実際フィールドゴール成功率を見ると、スペインが30.9%でアメリカが54.2%となっています。

これでアメリカは2大会連続9度目の優勝で、2連覇するのも4度目という圧倒的な実績。
かつて無敵の強さを誇り、世界選手権5連覇を達成したソビエト連邦の記録への挑戦が再び始まります。
敗れたスペインも前回大会の3位を超えて、過去最高成績となる準優勝。

決勝(2014年10月5日)
7位決定戦 セルビア 74-88 フランス
5位決定戦 中国 53-61 カナダ
3位決定戦 トルコ 44-74 オーストラリア
決勝 スペイン 64-77 アメリカ

最終順位
順位 チーム 試合
1 アメリカ 6 6 0
2 スペイン 6 5 1
3 オーストラリア 6 5 1
4 トルコ 6 4 2
5 カナダ 7 4 3
6 中国 7 3 4
7 フランス 7 4 3
8 セルビア 7 3 4
9 チェコ 4 2 2
10 ベラルーシ 4 2 2
11 ブラジル 4 1 3
12 キューバ 4 1 3
13 韓国 3 0 3
14 日本 3 0 3
15 モザンビーク 3 0 3
16 アンゴラ 3 0 3
オーストラリアは3度目の3位。
開催国トルコは初出場ながら4位。
アジア勢では中国が3勝を上げて6位、韓国と日本は0勝3敗で13位と14位。

個人表彰
MVP
・Maya Moore選手 アメリカ

ベスト5(All-Star Five)
・Alba Torrens選手 スペイン
・Penny Taylor選手 オーストラリア
・Maya Moore選手 アメリカ
・Sancho Lyttle選手 スペイン
・Brittney Griner選手 アメリカ

【動画】スペインvsアメリカ - ハイライト


バスケットボール関連のベストセラー
世界選手権関連のベストセラー
オリンピック関連のベストセラー
関連記事
トラックバック
この記事のトラックバックURL

全記事表示リンク
Amazonベストセラー



ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。