ブログパーツ

くまの運動会

オリンピック、ワールドカップ、世界選手権などスポーツと健康、ダイエットに関するブログです!掲示板では各種最新情報掲載中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2014 女子バスケットボール世界選手権 グループフェーズ成績比較

2014年9月27日から開催されている2014 女子バスケットボール世界選手権 トルコ大会。
グループフェーズが終わりましたので、ここまでの各チームの成績を比較してみましょう。

まず、3戦全勝は各グループ首位で準々決勝進出を決めている4チーム。
アメリカ(世界ランキング1位)、オーストラリア(同2位)、スペイン(同6位)、そして開催国トルコ(同13位)。

総得点は、アメリカが300得点で1位、2位はオーストラリアの264得点、3位はセルビア(同29位)の241得点、4位にスペインの224得点。
アメリカは1試合あたりの得点がちょうど100得点。
全勝のトルコは、全敗の韓国(175得点)や日本(163得点)とあまり変わらない169得点で勝ち上がっています。

総失点が少ないのは、やはりトルコで146失点、2位にスペインの149失点、3位がフランス(同4位)で154失点、4位にオーストラリアの156失点。
アメリカは174失点で6位。

総得点を総失点で割った得点率(ゴールアベレージ)のトップはアメリカで1.7241、2位がオーストラリアの1.6923、3位がスペインの1.5034。
4位は少し離れてフランスの1.2987ですので、アメリカ、オーストラリア、スペインが抜けた3強という内容のグループフェーズだったことが分かります。

COMPARATIVE STANDINGS
※順位は①勝ち点、②得点率の順
順位 チーム 試合 得点 失点 得失差 得点率 勝ち点
1 アメリカ 3 3 0 300 174 126 1.7241 6
2 オーストラリア 3 3 0 264 156 108 1.6923 6
3 スペイン 3 3 0 224 149 75 1.5034 6
4 トルコ 3 3 0 169 146 23 1.1575 6
5 フランス 3 2 1 200 154 46 1.2987 5
6 セルビア 3 2 1 241 199 42 1.2111 5
7 チェコ 3 2 1 182 179 3 1.0168 5
8 ベラルーシ 3 2 1 185 220 -35 0.8409 5
9 カナダ 3 1 2 172 172 0 1.0000 4
10 中国 3 1 2 184 191 -7 0.9634 4
11 ブラジル 3 1 2 190 207 -17 0.9179 4
12 キューバ 3 1 2 199 217 -18 0.9171 4
13 韓国 3 0 3 175 230 -55 0.7609 3
14 日本 3 0 3 163 224 -61 0.7277 3
15 モザンビーク 3 0 3 153 222 -69 0.6892 3
16 アンゴラ 3 0 3 125 286 -161 0.4371 3
グループフェーズ敗退

細かな各部門のトップは以下の通りです。

・フィールドゴール成功率 - アメリカ
・2ポイントフィールドゴール成功率 - フランス
・3ポイントフィールドゴール成功率 - アメリカ
・フリースロー成功率 - オーストラリア
・最多リバウンド - アメリカ
・最多ブロックショット - トルコ
・最多アシスト - アメリカ
・最多スティール - セルビア
・最少ターンオーバー - セルビア
・最少ファウル - フランス

バスケットボール関連のベストセラー
世界選手権関連のベストセラー
オリンピック関連のベストセラー
関連記事
トラックバック
この記事のトラックバックURL

全記事表示リンク
Amazonベストセラー



ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。