ブログパーツ

くまの運動会

オリンピック、ワールドカップ、世界選手権などスポーツと健康、ダイエットに関するブログです!掲示板では各種最新情報掲載中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2014 女子バスケットボール世界選手権 3日目(2014年9月30日)

2014年9月27日から開催されている2014 女子バスケットボール世界選手権 トルコ大会。
1日お休みが入り、3日目も全16チームによるグループフェーズ3試合目の8試合が行われました。
これで決勝ラウンド進出チームが決まります。
バスケットボールは試合のなかった9月29日はカウントしないため、この日が3日目(Day 3)

この日はここまで1勝1敗のチーム同士の戦いが、激しい競り合いになりました。
グループDのセルビア(世界ランキング29位) vs 中国(同8位)は、セルビアが41-34とリードしてハーフタイムを迎えます。
しかし、第3クォーターに入ると中国がセルビアの攻撃を封じることに成功し、49-51で今度は中国がリードして最終第4クォーターへ。
最後の1秒まで分からない大接戦となったこの試合は、最後にセルビアが逆転して65-63で勝利しています。

同じく1勝1敗のフランス(同4位)とカナダ(同9位)の試合も、逃げるフランス、追うカナダといった展開の接戦となり、最後63-59としてフランスが勝利。

日本(世界ランキング17位)はブラジル(同7位)との2敗同士の試合。

負けた方がグループフェーズ敗退となるこの試合は、第1クォーターでブラジルが22-11でリード。
第2クォーターから第3クォーターにかけて、日本が押し返す場面も見られますが、その後次第にその差が広がり最終的には79-56でブラジルが勝利しています。
ブラジルは、オフェンスリバウンドで13-7、ディフェンスリバウンドでも28-21とリードした他、スティールは16-4、ブロックショットは8-2と日本を引き離しての完勝となっています。

3日目(2014年9月30日)
Group Aブラジル79-56日本
スペイン67-43チェコ
Group Bモザンビーク54-64トルコ
フランス63-59カナダ
Group Cオーストラリア87-45ベラルーシ
韓国57-73キューバ
Group Dセルビア65-63中国
アメリカ119-44アンゴラ

【グループA】
スペインがチェコにも完勝で3戦全勝の首位で準々決勝進出。
チェコは2勝1敗で2位となって準々決勝進出決定戦に進みます。
ブラジルは1勝2敗の3位で準々決勝進出決定戦へ。
日本は3連敗で大会を終えることになりました。

【グループB】
開催国トルコが3連勝で準々決勝進出。
フランスがカナダとの1敗対決を制して2位、カナダが3位で準々決勝進出決定戦へ。
モザンビークは3連敗で敗退。

【グループC】
オーストラリアがベラルーシにも圧勝で3連勝として首位で準々決勝進出。
ベラルーシは2勝1敗の2位で準々決勝進出決定戦へ。
キューバが韓国との生き残りをかけた試合に勝って準々決勝進出決定戦へ。
韓国は3連敗で敗退。

【グループD】
アメリカがアンゴラに75点差の圧勝で3連勝として準々決勝進出。
セルビアが中国に競り勝って2勝1敗の2位、中国が3位で準々決勝進出決定戦へ。
アンゴラは3戦全て大敗と厳しい結果を持って帰ることになりました。

これにより、決勝ラウンド(Brackets)の組合せは以下のようになりました。

・ベラルーシ vs 中国
→勝った方がスペインとの準々決勝。

・セルビア vs キューバ
→勝った方がトルコとの準々決勝。

・チェコ vs カナダ
→勝った方がオーストラリアとの準々決勝。

・フランス vs ブラジル
→勝った方がアメリカとの準々決勝。

【動画】ブラジルvs日本 - ハイライト


バスケットボール関連のベストセラー
世界選手権関連のベストセラー
オリンピック関連のベストセラー
関連記事
トラックバック
この記事のトラックバックURL

全記事表示リンク
Amazonベストセラー



ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。