ブログパーツ

くまの運動会

オリンピック、ワールドカップ、世界選手権などスポーツと健康、ダイエットに関するブログです!掲示板では各種最新情報掲載中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

バレーボール女子世界選手権 2014 - 1次ラウンド最終日(2014年9月28日)

2014年9月23日に開幕したバレーボール女子世界選手権 2014 イタリア大会。
6日目は、全24チームによる1次ラウンド最終戦となる12試合が行われました。

日本(世界ランキング3位)の1次ラウンド最終戦は中国(同5位)との対戦。
第1セットは16-25で中国が先取しますが、ここから日本が反撃。
第2セットを25-18で取り返すと、第3セットは逆転で27-25で連取。
今大会1セットも落としていなかった中国から2セット連取します。
しかし、中国がここから再反撃。
第4セットを17-25で取り返すと、迎えたファイナルセットも11-15で連取して1次ラウンド5連勝となる勝利を収めています。

この試合は、日本がスパイクで75-65、サーブポイントは5-2と上回りましたが、ブロックで2-19と圧倒的に中国が上回り、相手のミスによる得点も14-22と中国がリードして、総得点96-108で中国が勝利という内容。
日本は、初戦でアゼルバイジャンに敗れた際もブロックで2-18と大きな差を付けられています。

1次ラウンド(2014年9月28日)
POOL A チュニジア 0-3 アルゼンチン
クロアチア 3-2 ドイツ
イタリア 2-3 ドミニカ共和国
POOL B カメルーン 0-3 トルコ
ブルガリア 3-0 カナダ
ブラジル 3-1 セルビア
POOL C メキシコ 0-3 オランダ
カザフスタン 3-0 タイ
アメリカ 3-1 ロシア
POOL D アゼルバイジャン 3-1 キューバ
日本 2-3 中国
ベルギー 3-0 プエルトリコ

1次ラウンド順位表
POOL A
順位 チーム 勝ち点
1 イタリア 13 4 1
2 ドミニカ共和国 12 5 0
3 クロアチア 9 3 2
4 ドイツ 8 2 3
5 アルゼンチン 3 1 4
6 チュニジア 0 0 5
ドミニカ共和国がイタリアとの全勝対決を制しましたが、勝ち点で及ばずイタリアが4勝1敗で首位通過。
ドミニカ共和国は5戦全勝で2位通過となってしまいます。
クロアチアがドイツとの直接対決に勝って3勝2敗で3位通過。
ドイツは2勝3敗で4位通過。

POOL B
順位 チーム 勝ち点
1 ブラジル 14 5 0
2 セルビア 11 4 1
3 ブルガリア 9 3 2
4 トルコ 8 2 3
5 カナダ 3 1 4
6 カメルーン 0 0 5
ブラジルがセルビアとの全勝対決を制して5戦全勝で首位通過。
セルビアが4勝1敗で2位通過。
ブルガリアが勝って3勝2敗として3位通過。
トルコが2勝3敗で4位通過。

POOL C
順位 チーム 勝ち点
1 アメリカ 15 5 0
2 ロシア 12 4 1
3 オランダ 9 3 2
4 カザフスタン 6 2 3
5 タイ 3 1 4
6 メキシコ 0 0 5
アメリカがロシアとの全勝対決を制して5戦全勝で首位通過。
アメリカは全出場チーム中単独トップの勝ち点15となりました。
ロシアが4勝1敗で2位通過。
オランダは3勝2敗で3位通過。
カザフスタンが勝って2勝3敗として4位通過。

POOL D
順位 チーム 勝ち点
1 中国 14 5 0
2 日本 11 3 2
3 ベルギー 9 3 2
4 アゼルバイジャン 7 3 2
5 プエルトリコ 4 1 4
6 キューバ 0 0 5
中国が日本に勝って5戦全勝として首位通過。
2位以下は3勝2敗で3チームが並びましたが、勝ち点の差で日本が2位通過。
3位通過はベルギーで、アゼルバイジャンは4位通過。

バレーボール関連のベストセラー
世界選手権関連のベストセラー
オリンピック関連のベストセラー
関連記事
[ 2014/09/29 14:46 ] 夏季オリンピック バレーボール | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

全記事表示リンク
Amazonベストセラー



ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。