ブログパーツ

くまの運動会

オリンピック、ワールドカップ、世界選手権などスポーツと健康、ダイエットに関するブログです!掲示板では各種最新情報掲載中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

バレーボール女子世界選手権 2014 - 1次ラウンド(2014年9月27日)

2014年9月23日に開幕したバレーボール女子世界選手権 2014 イタリア大会。
1日休みを挟んで5日目は、全24チームによる1次ラウンド4試合目となる12試合が行われました。
バレーボールでは試合のなかった9月26日も4日目としてカウント。

この日はトルコ(世界ランキング11位)がブラジル(同1位)を相手に大善戦。
第1セットを25-17で先取すると、第2セットも25-22で競り勝ってセットカウント2-0とします。
しかし、ここからブラジルが反撃。
第3セットを25-19で取り返すと、続く第4セットも25-21で取り、勝負はファイナルセットへ。
ここもブラジルが15-10で取って辛くも勝利。

この試合、スパイクでは57-60とトルコが少し上回り、サーブポイントでは7-5でブラジル、相手のミスによる得点は16-21とトルコが上回っています。
勝負を分けたのはブロックで、ブラジルが24-14と10点上回り、総得点104-100という接戦を制しています。

1次ラウンド(2014年9月27日)
POOL A チュニジア 1-3 クロアチア
ドミニカ共和国 3-1 アルゼンチン
イタリア 3-1 ドイツ
POOL B ブルガリア 3-0 カメルーン
セルビア 3-1 カナダ
ブラジル 3-2 トルコ
POOL C メキシコ 0-3 カザフスタン
ロシア 3-1 オランダ
アメリカ 3-0 タイ
POOL D アゼルバイジャン 0-3 ベルギー
日本 3-0 プエルトリコ
中国 3-0 キューバ

【プールA】
イタリアはドイツとの戦いを制して4連勝の勝ち点12で首位。
ドミニカ共和国も4連勝としていますが、勝ち点10で2位。
ドイツは2敗目を喫し、2勝2敗の勝ち点7で3位。
クロアチアが2勝目を上げ、2勝2敗の勝ち点7で並びますが、セット率の差で4位。
アルゼンチンとチュニジアは4連敗で敗退。

【プールB】
ブラジルは4連勝としましたが、フルセットとなり勝ち点11でギリギリの首位。
セルビアも4連勝の勝ち点11で並び、セット率の差で2位。
ブルガリアが2勝目を上げて、2勝2敗の勝ち点6で3位。
トルコは1勝3敗ながら、フルセット負け2回が効いて勝ち点5で4位。
カナダも1勝3敗ですが、勝ち点3で5位。
カメルーンは4連敗で敗退。

【プールC】
ロシアがオランダに1セットを奪われますが、4連勝の勝ち点12で首位。
アメリカが4連勝で勝ち点、セット率でロシアと並び、得点率の差で2位。
オランダは2勝2敗の勝ち点6で3位。
4位争いはカザフスタンとタイが、1勝3敗の勝ち点3、セット率まで並びますが、得点率でカザフスタンが4位。
メキシコは4連敗。

【プールD】
中国が1セットも落とさず4連勝で、勝ち点12の首位。
日本は3勝1敗の勝ち点10で2位。
ベルギーが2勝目を上げて、2勝2敗の勝ち点6で3位。
アゼルバイジャンも2勝2敗となりましたが、勝ち点4で4位。
プエルトリコは1勝3敗の勝ち点4で5位。
キューバは1セットも取れずに4連敗で敗退。

1次ラウンド最終日は1位通過をかけた戦いや、生き残りをかけた戦いが目白押しです。

バレーボール関連のベストセラー
世界選手権関連のベストセラー
オリンピック関連のベストセラー
関連記事
[ 2014/09/28 19:08 ] 夏季オリンピック バレーボール | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

全記事表示リンク
Amazonベストセラー



ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。