ブログパーツ

くまの運動会

オリンピック、ワールドカップ、世界選手権などスポーツと健康、ダイエットに関するブログです!掲示板では各種最新情報掲載中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

バレーボール男子世界選手権 2014 - 決勝&表彰(2014年9月21日)

2014年8月30日から開催されていたバレーボール男子世界選手権 2014 ポーランド大会も、遂に最終日。
3位決定戦と決勝が行われました。

3位決定戦は今大会好調の2チーム、フランス(世界ランキング13位)とドイツ(同10位)の戦い。
3次ラウンドではフランスが3-0でドイツを下していました。

第1セットはドイツが25-21で先取し、この試合を優位に進めます。
反撃に出たフランスでしたが、第2セットも26-24の接戦でドイツが取って2セット連取。
そして、第3セットも接戦となりますが、ここもドイツが25-23で競り勝ち、一気に3セット連取で試合を決めています。
ドイツはスパイクで45-36、ブロックで6-4とフランスを上回り、総得点76-68での勝利。

これでドイツは1970年に東ドイツが優勝して以来、統一ドイツとしては初のメダル獲得となりました。
フランスは2002年以来のメダル獲得はならず4位。

そして決勝は40年振り2度目の優勝を狙う開催国ポーランド(同5位)と史上初の4連覇を目指すブラジル(同1位)の対戦。
3次ラウンドでの対決ではポーランドが3-2で勝っています。

まず第1セットはブラジルが力を見せて25-18で先取。
しかし、ポーランドはここから今大会見せている競り合いの強さを発揮。
第2セットを25-22で取り返すと、第3セットは25-23、第4セットも25-22と3セット連取で勝利。
1974年のメキシコ大会以来、40年振りとなる優勝を果たしています。
この試合、ブラジルはスパイクで60-53、ブロックでも10-8とポーランドを上回っていますが、サーブやミスの差で逆転して総得点ではポーランドが93-92と上回っています。

この大会は、1次ラウンドから3次ラウンドまでは勝ち点制のリーグ戦、そしてノックダウン方式のファイナルズという複雑な方式で開催されましたが、優勝したポーランドは7位に終わったアメリカに唯一の敗戦を喫しているものの、トップ6全てに勝利、準優勝のブラジルには2戦2勝と文句なしの成績となりました。

FINALS(2014年9月21日)
3位決定戦 フランス 0-3 ドイツ
決勝 ブラジル 1-3 ポーランド

最終順位
順位 チーム
1 ポーランド
2 ブラジル
3 ドイツ
4 フランス
5 ロシア
6 イラン
7 カナダ
7 アメリカ
9 フィンランド
9 セルビア
11 アルゼンチン
11 キューバ
13 ブルガリア
13 イタリア
15 オーストラリア
15 中国
17 ベルギー
17 韓国
17 メキシコ
17 ベネズエラ
21 カメルーン
21 エジプト
21 プエルトリコ
21 チュニジア

個人表彰
FIVB Volleyball Men's World Championship Poland 2014 Dream Team
Best Outside Spiker – Lucarelli (BRA)
Second Best Outside Spiker – Murilo (BRA)
Best Middle Blocker - Marcus Bohme (GER)
Second best MB – Karol Klos (POL)
Best Libero - Jenia Grebennikov (FRA)
Best Setter – Lukas Kampa (GER)
Best Opposite – Mariusz Wlazly (POL)
Most Valuable Player – Mariusz Wlazly (POL)

バレーボール関連のベストセラー
世界選手権関連のベストセラー
オリンピック関連のベストセラー
関連記事
[ 2014/09/22 12:05 ] 夏季オリンピック バレーボール | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

全記事表示リンク
Amazonベストセラー



ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。