ブログパーツ

くまの運動会

オリンピック、ワールドカップ、世界選手権などスポーツと健康、ダイエットに関するブログです!掲示板では各種最新情報掲載中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2014 バスケットボールワールドカップ 準決勝(2014年9月11日)

2014 バスケットボールワールドカップ スペイン大会は11日目。
いよいよ準決勝の1試合目が行われました。

この日はリトアニア(世界ランキング4位)とアメリカ(同1位)の対戦。
リトアニアはグループフェーズでオーストラリア戦を落としたもののグループDを首位通過、決勝トーナメント(Brackets)ではニュージーランド(同19位)とトルコ(同7位)を下してここまで来ました。

対するアメリカはグループCを全勝で首位通過、その後メキシコ(同24位)とスロベニア(同13位)を下しての勝ち上がり。
特に準々決勝のスロベニア戦は圧巻のパフォーマンスを見せて119-76で勝利しており、ここへ来て調子も上がっているようでしたが、前日にスペイン(同2位)がフランス(同8位)に敗れ、油断大敵を目の当たりにしたばかりという状況。

試合が始まると、まず第1クォーターでアメリカが21-16とリード。
第2クォーターは互角の勝負になるも、アメリカが僅かにリードを広げ、前半を43-35で折り返します。
勝負を分けたのは第3クォーター。
ここでアメリカが一気に33得点を上げ、76-49と引き離して第4クォーターを迎えます。
第4クォーターは再び一進一退の互角の勝負になりますが、第3クォーターのリードが決定打となり、96-68というスコアで試合終了となっています。

この試合では、アメリカが3ポイントを24本中9本決めたのに対して、リトアニアは18本中2本と大きな差が付いており、この差がスコアの差の4分の3を占めています。
また、リトアニアは68得点のうち実に半分近い32点がフリースローによる得点となっており、このあたりはリトアニアより7回多い27回のファウルをしているアメリカの作戦もあったかも知れません。
因みに、アメリカのフリースローによる得点は11点。

これでアメリカは連覇まであと一つとなり、未だに残る旧ユーゴスラビアの優勝5回という記録に並ぶための戦いが待っています。
リトアニアは2大会連続の3位をかけて、3位決定戦に回ることになりました。

9月12日に行われる準決勝のもう一試合は、スペインを破ったフランスと、ブラジルを破ったセルビアの試合。
どちらも今勢いに乗っているようにも見えますが、果たして・・・。

準決勝(2014年9月11日)
C1 vs D1 アメリカ 96-68 リトアニア

【動画】アメリカvsリトアニア - ハイライト


バスケットボール関連のベストセラー
ワールドカップ関連のベストセラー
オリンピック関連のベストセラー
関連記事
トラックバック
この記事のトラックバックURL

全記事表示リンク
Amazonベストセラー



ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。