ブログパーツ

くまの運動会

オリンピック、ワールドカップ、世界選手権などスポーツと健康、ダイエットに関するブログです!掲示板では各種最新情報掲載中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2014 バスケットボールワールドカップ 準々決勝(2014年9月10日)

2014 バスケットボールワールドカップ スペイン大会は10日目。
準々決勝の残りの2試合が行われました。

この日の出場チームは全てハイレベルなグループAから勝ち上がってきた4チームということで、それぞれグループフェーズの再戦となりました。

1試合目は4位通過だったセルビア(世界ランキング11位)と2位通過だったブラジル(同10位)の戦い。
グループフェーズでの直接対決はブラジルが81-73の接戦で制していました。

この日の戦いは、前半はやはり接戦になり、5点リードして折り返したのはセルビア。
そして迎えた第3クォーターに、セルビアが29得点の猛攻を見せて一気に突き放すと、そのまま第4クォーターもさらに差を広げて最後は84-56の28点差で完勝しています。

セルビアはグループフェーズの4強対決は全て敗れており、3敗していながらの準決勝進出。
むしろここへ来て、全勝だったギリシャ(同5位)やブラジルに完勝していて勢いが増しているようです。
ブラジルはスペイン戦以外の全てに勝っていながらベスト8で敗退となりました。

2試合目は3位通過だったフランス(同8位)と全勝で首位通過だった開催国スペイン(同2位)の戦い。
グループフェーズでの直接対決は88-64でスペインが完勝しています。

この試合、前半を7点リードで折り返したのはフランス。
スペインの攻撃を前半28得点に押さえ込み、優位に試合を進めます。
しかし、第3クォーターに入るとすぐにスペインが追い付き、今度は第3クォーターのフランスの攻撃を僅か7得点に押さえ込んで、スペイン1点リードという状況で第4クォーターを迎えます。
やはりスペインが強さを見せるのかとも思えた第4クォーターでしたが、順調に得点を積み重ねたのはフランスの方。
残り時間が少なくなり、焦りの見えるスペインはシュートを外しては、やむを得ずファウルでフランスの攻撃を止め、フリースローを決められるという展開も見られ、第4クォーターは僅かに9得点。
65-52というロースコアゲームとなって、フランスが準決勝進出を果たしています。

フランスがスペインから上げた得点は、敗れた試合が64得点、勝利した今回が65得点と殆ど同じで、スペインの攻撃を見事に封じた戦いだったとも言えそうです。
スペインは3ポイントを22本中2本しか決められず、同じ相手に勝った試合から36点減って52得点。

これで、こちらのブロックの準決勝はフランス vs セルビア。
グループAの首位通過と2位通過を破り、3位通過と4位通過が準決勝で再戦となりました。
グループフェーズでは74-73という最少得点差でフランスが勝利していますが、果たして・・・。

準々決勝(2014年9月10日)
A4 vs A2 セルビア 84-56 ブラジル
A3 vs A1 フランス 65-52 スペイン

【動画】フランスvsスペイン - ハイライト


バスケットボール関連のベストセラー
ワールドカップ関連のベストセラー
オリンピック関連のベストセラー
関連記事
トラックバック
この記事のトラックバックURL

全記事表示リンク
Amazonベストセラー



ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。