ブログパーツ

くまの運動会

オリンピック、ワールドカップ、世界選手権などスポーツと健康、ダイエットに関するブログです!掲示板では各種最新情報掲載中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2014 バスケットボールワールドカップ Round of 16(2014年9月7日)

2014 バスケットボールワールドカップ スペイン大会は8日目まで終わりました。
大会7日目から始まったベスト16による決勝トーナメント(Brackets)の2日目で、この日はRound of 16の残り4試合が行われました。

グループAを4位で通過したセルビア(世界ランキング11位)が、グループBを首位通過したギリシャ(同5位)を破り、グループAを2位で通過したブラジル(同10位)が、グループBを3位で通過したアルゼンチン(同3位)との南米決戦を制したことで、グループAとグループBのチームの試合は全てグループAのチームが勝利。
準々決勝4試合のうち2試合がグループAのチーム同士の再戦となりました。
グループフェーズではブラジルが81-73でセルビアに勝利しています。

Round of 16(2014年9月7日)
C4 vs D1 ニュージーランド 71-76 リトアニア
A4 vs B1 セルビア 90-72 ギリシャ
C2 vs D3 トルコ 65-64 オーストラリア
A2 vs B3 ブラジル 85-65 アルゼンチン

リトアニア(世界ランキング4位)とニュージーランド(同19位)の試合は、第1クォーターでリトアニアが23-9とリードして、ニュージーランドが追いかける展開。
第2クォーター以降は全てニュージーランドの得点が上回りましたが、結局76-71でリトアニアが勝利しています。

ギリシャ(同5位)はグループBを5連勝で首位通過していましたが、厳しいグループAの4位通過となったセルビア(同11位)に後半突き放され、18点差を付けられての完敗となりました。

トルコ(同7位)とオーストラリア(同9位)の試合は期待に違わぬ大接戦。
その決着は試合終了間際、オーストラリアが2点リードで迎えたトルコのラストチャンスで見事な3ポイントで逆転というものでした。
トルコは今大会、フィンランド戦でも同じような形で3ポイントで追いついて延長に持ち込んで逆転していましたし、初戦のニュージーランド戦も含め、追い詰められてからのドラマチックな逆転勝利が目立ちます。

ブラジル(同10位)とアルゼンチン(同3位)の試合は、前半をアルゼンチンがリードして進みますが、厳しいグループAを2位通過したブラジルが後半に入ると猛反撃。
今の勢いの違いを見せ付けるかのように20点差の快勝となっています。

これで準々決勝の組合せが全て決まり、グループCとグループD側が、
・スロベニア vs アメリカ
・リトアニア vs トルコ
という、それぞれのグループの1位通過と2位通過の対戦になり、グループAとグループB側は、
・フランス vs スペイン
・セルビア vs ブラジル
と、上述の通り、全てグループAのチームの再戦となりました。

【動画】セルビアvsギリシャ - ハイライト


【動画】Top 5 Plays - 07 September


バスケットボール関連のベストセラー
ワールドカップ関連のベストセラー
オリンピック関連のベストセラー
関連記事
トラックバック
この記事のトラックバックURL

全記事表示リンク
Amazonベストセラー



ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。