ブログパーツ

くまの運動会

オリンピック、ワールドカップ、世界選手権などスポーツと健康、ダイエットに関するブログです!掲示板では各種最新情報掲載中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ドイツの優勝成績はちょうど平均(U-20女子W杯)

サッカーの2014 U-20女子ワールドカップ カナダ大会で3回目の優勝を果たしたドイツ。
その成績は全7大会の歴代優勝国と比較すると、どの程度のものだったでしょうか。

そこで、歴代優勝国の比較表を作成してみました。

歴代優勝国成績一覧
*1) PK戦による勝敗は引分としてカウント
*2) 勝ち点は勝=3、分=1、敗=0として算出
優勝国 試合 得点 失点 勝ち点 PK勝 PK敗
第1回 アメリカ 6 6 0 0 26 2 18 0 0
第2回 ドイツ 6 4 2 0 19 5 14 1 0
第3回 北朝鮮 6 6 0 0 18 1 18 0 0
第4回 アメリカ 6 5 0 1 12 3 15 0 0
第5回 ドイツ 6 6 0 0 20 5 18 0 0
第6回 アメリカ 6 4 1 1 10 5 13 0 0
第7回 ドイツ 6 5 1 0 17 7 16 0 0

まず5勝1分の勝ち点16という成績は、6戦全勝で優勝した第1回大会のアメリカ、第3回大会の北朝鮮、第5回大会のドイツ自身に続いて4番目となり、中央値であると同時にちょうど平均値でもあります。

総得点の17得点は、歴代5番目の数字で平均値を下回っています。
但し、これは先の記事でも触れているように、大会全体のレベルアップとともにゴール数が減っている傾向が見られるため、その傾向通りと見ることもできるでしょう。

一方、総失点が7失点で過去最多。
これだけを見ると、ディフェンス面が弱かったようにも見えますが、これは今大会唯一勝利を逃しているグループリーグの中国戦が5-5という派手な試合となったためで、それ以外はブラジル戦での5-1、フランス戦での2-1という試合での失点しかありません。
アメリカ、カナダ、ナイジェリアといった強豪には完封勝ちしており、数字ほど点を取られやすかったわけではないようです。

※参考
なでしこジャパンは負けて優勝した最初のチーム(女子サッカーW杯)

サッカー関連のベストセラー
女子サッカー関連のベストセラー
ワールドカップ関連のベストセラー
関連記事
トラックバック
この記事のトラックバックURL

全記事表示リンク
Amazonベストセラー



ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。