ブログパーツ

くまの運動会

オリンピック、ワールドカップ、世界選手権などスポーツと健康、ダイエットに関するブログです!掲示板では各種最新情報掲載中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

チームパシュート 新女王はオランダ(スピードスケート)

女子チームパシュート(団体追い抜き)は、2006年のトリノオリンピックから実施された新しい種目で、2014年のソチオリンピックまで3回しか実施がありません。
スピードスケート唯一の団体種目で、特に長距離の選手層の厚さとチームワークが重要となるようですね。

ということで、2006年のトリノ大会、2010年のバンクーバー大会の優勝はやはりドイツでした。
2010年のバンクーバー大会では、日本がその女王ドイツにチームワークで挑み銀メダルを獲得していますね。

しかし、2014年のソチ大会で強さを見せたのは、ここでもオランダ。
準々決勝でアメリカに完勝すると、準決勝ではハイペースで日本の力を奪い12秒近くの差をつけて圧勝。
さらに決勝も同じようにポーランドの力を奪い取り、これも7秒以上の差をつけて圧勝で優勝を飾りました。

3回しか実施されていませんが、2014年のソチ大会までのランキングを以下に掲載します。
*1) 「pts」は金=3、銀=2、銅=1として算出
*2) 「順位」は①pts、②金、③銀の多い順
順位 出場国 総数 pts
1 ドイツ 2 0 0 2 6
2 オランダ 1 0 0 1 3
3 ポーランド 0 1 1 2 3
4 カナダ 0 1 0 1 2
4 日本 0 1 0 1 2
6 ロシア 0 0 2 2 2
個の力が抜けていると、やはりチームワーク以前の問題で勝ってしまうようですね。。。

次はオランダの連覇かそれとも・・・。

スピードスケート関連のベストセラー
スケート関連のベストセラー
オリンピック関連のベストセラー
関連記事
トラックバック
この記事のトラックバックURL

全記事表示リンク
Amazonベストセラー



ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。