ブログパーツ

くまの運動会

オリンピック、ワールドカップ、世界選手権などスポーツと健康、ダイエットに関するブログです!掲示板では各種最新情報掲載中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

男子団体に強いドイツ、オーストリア(スキージャンプ)

スキージャンプの男子団体は1988年のカルガリーオリンピックから始まり、2014年のソチオリンピックまで8大会連続で実施されています。

個人種目では北欧勢などに実績で少し譲るドイツですが、選手層の厚さが要求される男子団体では強さを発揮していますね。
初の団体でのメダルとなった1994年のリレハンメル大会以来、6大会で金メダル3個、銀メダル2個という成績を収めています。

そして、団体でも安定した強さを誇るオーストリアが通算で金、銀、銅とも2個ずつの6個を獲得しています。
こちらは1992年のアルベールビル大会での初のメダルから7大会で6個です。

次いで、フィンランドが4個、そして日本も1994年のリレハンメル大会でドイツに続く銀メダル、1998年の長野大会ではドイツを退け金メダル、そして2014年のソチ大会ではドイツ、オーストリアの2強に続く銅メダルを獲得しています。

2014年のソチ大会までのランキングは以下の通りです。

*1) 「pts」は金=3、銀=2、銅=1として算出
*2) 「順位」は①pts、②金、③銀の多い順
順位 出場国 総数 pts
1 ドイツ 3 2 0 5 13
2 オーストリア 2 2 2 6 12
3 フィンランド 2 2 0 4 10
4 日本 1 1 1 3 6
5 ノルウェー 0 0 3 3 3
6 ユーゴスラビア 0 1 0 1 2
7 スロベニア 0 0 1 1 1
7 チェコスロバキア 0 0 1 1 1

ノルウェーがこの種目を苦手としていて銅メダル3個という銅メダルコレクターになっています。
オーストリアは男子ノーマルヒル個人で9個、ラージヒル個人でも9個、団体で6個、さらに1度しか実施されていない女子でも1個と、隙のない安定感がありますね。

スキージャンプ関連のベストセラー
スキー関連のベストセラー
オリンピック関連のベストセラー
関連記事
[ 2014/08/10 17:38 ] 冬季オリンピック スキージャンプ | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

全記事表示リンク
Amazonベストセラー



ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。