ブログパーツ

くまの運動会

オリンピック、ワールドカップ、世界選手権などスポーツと健康、ダイエットに関するブログです!掲示板では各種最新情報掲載中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

男子シングルス 金メダルが世界を駆ける?(テニス)

テニスの男子シングルスは、もちろんテニスが実施されたオリンピック14大会全てで実施されています。
2012年のロンドンオリンピックの時点では、1896年~1924年の「アマ期」に7回、1988年~2012年の「プロ期」に7回と、ちょうど同数になっています。

「プロ期」に入ってからは、さすがに各国の選手たちが最高レベルで拮抗しており、なんと7大会全てで優勝国が異なるという、これはこれで驚きの結果となっています。
1988年から順に追っていくと、チェコスロバキア → スイス → アメリカ → ロシア → チリ → スペイン → イギリスですね。
このまま世界金メダルリレーでもやっているかのように、世界中の国を駆け巡っていくのも面白いとは思いますが・・・。

「プロ期」と2012年ロンドン大会までの歴代通算ランキングは以下の通りです。

*1) 「pts」は金=3、銀=2、銅=1として算出
*2) 「順位」は①pts、②金、③銀の多い順
・1988年~2012年の「プロ期」
順位 出場国 総数 pts
1 アメリカ 1 2 1 4 8
2 スペイン 1 2 0 3 7
3 チリ 1 1 1 3 6
4 スイス 1 1 0 2 5
5 イギリス 1 0 0 1 3
5 チェコスロバキア 1 0 0 1 3
5 ロシア 1 0 0 1 3
8 ドイツ 0 1 0 1 2
9 EUN 0 0 1 1 1
9 アルゼンチン 0 0 1 1 1
9 インド 0 0 1 1 1
9 クロアチア 0 0 1 1 1
9 スウェーデン 0 0 1 1 1
9 セルビア 0 0 1 1 1
9 フランス 0 0 1 1 1

・歴代通算
順位 出場国 総数 pts
1 アメリカ 3 3 3 9 18
2 イギリス 4 1 3 8 17
3 南アフリカ 2 1 1 4 9
4 スペイン 1 2 0 3 7
5 チリ 1 1 1 3 6
6 スイス 1 1 0 2 5
7 ドイツ 0 2 1 3 5
8 チェコスロバキア 1 0 0 1 3
8 ロシア 1 0 0 1 3
10 ギリシャ 0 1 1 2 3
10 フランス 0 1 1 2 3
12 日本 0 1 0 1 2
13 EUN 0 0 1 1 1
13 アルゼンチン 0 0 1 1 1
13 イタリア 0 0 1 1 1
13 インド 0 0 1 1 1
13 クロアチア 0 0 1 1 1
13 スウェーデン 0 0 1 1 1
13 セルビア 0 0 1 1 1
13 ハンガリー 0 0 1 1 1

「アマ期」に抜群の成績を残していた母国イギリス・・・
遂にアンディ・マレー選手の優勝で「プロ期」初の金メダルとなりましたね。
そして、歴代通算金メダル4個でトップに立ってもいます。

テニス関連のベストセラー
オリンピック関連のベストセラー
関連記事
[ 2014/08/04 19:37 ] 夏季オリンピック テニス | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

全記事表示リンク
Amazonベストセラー



ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。