ブログパーツ

くまの運動会

オリンピック、ワールドカップ、世界選手権などスポーツと健康、ダイエットに関するブログです!掲示板では各種最新情報掲載中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

なでしこジャパンは負けて優勝した最初のチーム(女子サッカーW杯)

女子サッカーワールドカップの歴代優勝国の成績を比較してみましょう。

実は第6回ドイツ大会で優勝した日本(なでしこジャパン)の成績は、
「負けて優勝した初めてのチーム」
「歴代最少得点で優勝」
「歴代最多失点で優勝」
といった記録をまとめて更新していることが分かります。

第6回ドイツ大会までの一覧は以下の通りです。
*1) PK戦による勝敗は引分としてカウント
*2) 勝ち点は勝=3、分=1、敗=0として算出
優勝国 試合 得点 失点 勝ち点 PK勝 PK敗
第1回 アメリカ 6 6 0 0 25 5 18 0 0
第2回 ノルウェー 6 6 0 0 23 1 18 0 0
第3回 アメリカ 6 5 1 0 18 3 16 1 0
第4回 ドイツ 6 6 0 0 25 4 18 0 0
第5回 ドイツ 6 5 1 0 21 0 16 0 0
第6回 日本 6 4 1 1 12 6 13 1 0

男子を見ると分かりますが、負けて優勝することは特別なことではありません。
スペインの初優勝のときのように。
むしろ、レベルが拮抗してくれば、グループリーグで1試合落としたとしても、肝心なところで負けない勝負強さのようなものも、必要とされるようになっていくでしょう。
なでしこジャパンは、そんな歴史の1ページを開いた・・・のかもしれません。
実際、この大会ではイングランド(日本に勝利)やブラジルが無敗のままPK戦による敗退を喫しています。

第1回大会のアメリカや、第4回大会のドイツのように、1試合あたり4得点を超えるような勝ち方は、ちょっと普通ではありませんね。
そして、ドイツが第5回大会で記録した「無失点で優勝」・・・
これは破りようがありません。。。

サッカー関連のベストセラー
関連記事
トラックバック
この記事のトラックバックURL

全記事表示リンク
Amazonベストセラー



ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。