ブログパーツ

くまの運動会

オリンピック、ワールドカップ、世界選手権などスポーツと健康、ダイエットに関するブログです!掲示板では各種最新情報掲載中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

シンクロの国際ルール大幅変更

シンクロナイズドスイミングの国際ルールが大幅変更になっている・・・というニュースが毎日新聞で出ています。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140722-00000014-mai-spo

具体的なルールの内容をルールブックで見てると、確かに大きく変わっているようですね。
採点の客観性を高めるために、フィギュアスケート同様、一つ一つの動作に点数が与えられていく・・・

今までの採点方式ですと、どうしても《主観→先入観→暗黙の了解》となっているような特徴が明確になりすぎていました。
例えば以下のような特徴です。
・アメリカ開催のオリンピックではアメリカが優勝する。
・2種目実施すると各国の順位が2種目とも同じようなものになる。

オリンピックでシンクロナイズドスイミングが競技として実施された全ての大会を具体的に見てみると、以下のようになっています。
・第30回ロンドン大会 → デュエット、チームともメダル獲得国が同じ。
・第29回北京大会 → デュエット、チームとも金メダル、銀メダル獲得国が同じ。
・第28回アテネ大会 → デュエット、チームとも全メダル獲得国が同じ。
・第27回シドニー大会 → デュエット、チームとも金メダル、銀メダル獲得国が同じ。
・第26回アトランタ大会 → チームのみ実施。アメリカ開催でアメリカが優勝。
・第25回バルセロナ大会 → ソロ、デュエットとも全メダル獲得国が同じ。
・第24回ソウル大会 → ソロ、デュエットとも全メダル獲得国が同じ。
・第23回ロサンゼルス大会 → ソロ、デュエットとも全メダル獲得国が同じ。アメリカ開催でアメリカが優勝。

果たして今回のルール変更が浸透していくことで、どのような結果になるのでしょうか。
今までは採点結果、順位をあまり気にしないようにして見ていましたが、今後はもう少し注目してみようかと思います。

それにしても、採点競技は難しいですね。

シンクロナイズドスイミング関連のベストセラー
オリンピック関連のベストセラー
関連記事
トラックバック
この記事のトラックバックURL

全記事表示リンク
Amazonベストセラー



ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。