ブログパーツ

くまの運動会

オリンピック、ワールドカップ、世界選手権などスポーツと健康、ダイエットに関するブログです!掲示板では各種最新情報掲載中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

FIFAランキングと試合結果

FIFAランキングはその時点での強さを測る指標として、どの程度アテになるのでしょうか?
これには様々な見解や指摘があり、改善もなされてきました。

一つの参考として、サッカーワールドカップの第20回ブラジル大会直前のFIFAランキングと試合結果を比較しながら見ていました。
その結果、以下の通りとなっています。

【グループリーグ】
ランキング上位チームが勝利:66.67%
引分:18.75%
ランキング下位チームが勝利:14.58%

【決勝トーナメント】
1) PK戦を引分としてカウントした場合
ランキング上位チームが勝利:62.50%
引分:25.00%
ランキング下位チームが勝利:12.50%

2) PK戦による勝利も勝利としてカウントした場合
ランキング上位チームが勝利:81.25%
ランキング下位チームが勝利:18.75%

【大会通算】
1) の場合
ランキング上位チームが勝利:65.63%
引分:20.31%
ランキング下位チームが勝利:14.06%

2) の場合
ランキング上位チームが勝利:70.31%
引分:14.06%
ランキング下位チームが勝利:15.63%

※参考
ワールドカップの歴代すべてのチームのすべての試合を平均すると、
勝利:38.88%
引分:22.25%
敗北:38.88%
となっています(PK戦を引分としてカウント)。

ここで注目したいのは、グループリーグと決勝トーナメントの確率が似ていることです。
決勝トーナメントが16試合と試合数が少なく誤差が大きくなることを考慮すると、試合数を重ねていけばおおよそ【大会通算】のような数値に収束していく可能性が高いのではないでしょうか?
もしそうだとするなら、現在のFIFAランキングの精度は、
「ランキング下位のチームが勝つのは7試合に1度」
ということになりますが、果たして・・・。

サッカー関連のベストセラー
関連記事
トラックバック
この記事のトラックバックURL

全記事表示リンク
Amazonベストセラー



ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。