ブログパーツ

くまの運動会

オリンピック、ワールドカップ、世界選手権などスポーツと健康、ダイエットに関するブログです!掲示板では各種最新情報掲載中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第45回 世界体操競技選手権 2014 - メダル獲得ランキング

2014年10月3日から中国の南寧で開催されていた第45回 世界体操競技選手権 2014が10月12日に閉幕しました。

この大会でも、他の個人競技の世界選手権やオリンピック、アジア大会と同じように、各国のメダル獲得順位(Medal Standings)が公式に記録、発表されていますので、そちらもチェックしておきます。

公式順位は、私が個人的にIOC方式と呼んでいる順位の付け方で、①金メダル数、②銀メダル数、③銅メダル数の多い順となっています。
・1位は金メダル4個のアメリカで、女子のBILES Simone選手が個人種目で3個、女子団体で1個となっており、同選手は1人で4個の金メダルを獲得。
・2位は金メダル3個の中国で、男子のつり輪で金と銅、女子の段違い平行棒で金と銀を獲得、男子団体でも金メダルとなっています。
・3位は金メダル2個の北朝鮮で、女子の跳馬でHONG Un Jong選手がBILES Simone選手を破っての金メダル、男子の跳馬でもRI Se Gwang選手が逆転で金メダルを獲得しています。
・日本は金メダル1個で4位。
金メダル1個は5カ国が並んでいますが、日本は銀メダルを3個獲得しているため、その中でのトップに位置付けられています。

では、いつものように当サイト独自のポイント制に変換してみます。
スポンサーサイト
[ 2014/10/13 04:26 ] 夏季オリンピック 体操競技 | TB(0) | CM(-)

第45回 世界体操競技選手権 2014 - 種目別決勝 2日目の結果

2014年10月3日から中国の南寧で開催されている第45回 世界体操競技選手権 2014。
10月12日の最終日は、男子種目別の残り3種目と女子種目別の残り2種目が行われました。

男子は跳馬、平行棒、鉄棒の3種目、女子は平均台、ゆかの2種目。
日本選手団からは、男子種目別 跳馬に予選5位の白井健三選手、平行棒に予選3位の田中佑典選手と予選5位の加藤凌平選手、鉄棒に予選2位の内村航平選手が出場、女子種目別 平均台に予選10位の寺本明日香選手が出場しています。

男子種目別 跳馬では、予選1位と2位の選手がミスで大きく得点を落とすなど、8人中6人にミスによる減点がありましたが、白井健三選手は大きなミスなく2本の試技をまとめて4位。
平行棒は、予選3位から得点を落とした田中佑典選手に対して、予選5位から得点を上げた加藤凌平選手が順位を逆転して銅メダルを獲得。
鉄棒では、内村航平選手が予選2位の時より大幅に得点を上げましたが、別次元の得点で優勝した予選1位のZONDERLAND Epke選手(オランダ)には届かず銀メダルとなっています。

女子種目別 平均台の寺本明日香選手は、予選10位より得点を僅かに下げましたが、メダルを争う上位選手に大きなミスが相次ぎ、大きく順位を上げて4位となっています。
[ 2014/10/13 03:01 ] 夏季オリンピック 体操競技 | TB(0) | CM(-)

第45回 世界体操競技選手権 2014 - 種目別決勝 1日目の結果

2014年10月3日から中国の南寧で開催されている第45回 世界体操競技選手権 2014。
10月11日は種目別決勝の1日目で、男子種目別の3種目と女子種目別の2種目が行われました。

男子はゆか、あん馬、つり輪の3種目、女子は跳馬、段違い平行棒の2種目。
日本選手団からは、男子種目別 ゆかに予選2位の白井健三選手、予選4位の加藤凌平が出場しています。
内村航平選手もゆかの予選は5位でしたが、日本チーム内3位のため出場していません。

白井健三選手は、予選同様ミスによる減点0.1が響く形で優勝はならず。
それでも全選手中1位のDスコアによるマージンは大きく銀メダルを獲得。
加藤凌平選手は、予選よりDスコアを上げ、その分Eスコアが下がる形となり6位。

【日本選手団の成績】
男子種目別 ゆか
・白井健三選手 - D7.400 E8.433 ­減点0.1 Total15.733で2位(銀メダル)
・加藤凌平選手 - D7.100 E8.366 Total15.466で6位
[ 2014/10/12 03:45 ] 夏季オリンピック 体操競技 | TB(0) | CM(-)

第45回 世界体操競技選手権 2014 - 女子個人総合決勝の結果

2014年10月3日から中国の南寧で開催されている第45回 世界体操競技選手権 2014。
10月10日には男子個人総合の決勝が行われました。

日本選手団からは、予選12位で通過した寺本明日香選手と、20位で通過した笹田夏実選手が出場しています。

【日本選手団の成績】
寺本明日香選手 - 53.864で18位
・跳馬 - 13.766で24位
・段違い平行棒 - 13.766で13位
・平均台 - 12.866で21位
・ゆか - 13.466で11位

笹田夏実選手 - 53.166で20位
・跳馬 - 14.000で17位
・段違い平行棒 - 13.233で18位
・平均台 - 12.700で22位
・ゆか - 13.233で16位
[ 2014/10/11 00:33 ] 夏季オリンピック 体操競技 | TB(0) | CM(-)

第45回 世界体操競技選手権 2014 - 男子個人総合決勝の結果

2014年10月3日から中国の南寧で開催されている第45回 世界体操競技選手権 2014。
10月9日には男子個人総合の決勝が行われました。

日本選手団からは、予選1位で通過した内村航平選手と、6位で通過した田中佑典選手が出場。
内村航平選手は、ゆかと跳馬で全体の1位となった他、全選手中ただ一人全種目で15点以上を記録して金メダル。
田中佑典選手は、鉄棒で全体の1位となり、平行棒でも全体で2位の高得点を出して銅メダルを獲得しています。

銀メダルは、ゆかで内村航平選手に次ぐ2位、あん馬でただ一人16点を叩き出したイギリスのWHITLOCK Max選手。
この選手は、予選でチーム内3位だったため元々決勝進出者のリストに名前がありませんでしたが、チームメイトのWILSON Nile選手が手首を痛めたため交代出場し、見事な銀メダル獲得。
[ 2014/10/10 03:29 ] 夏季オリンピック 体操競技 | TB(0) | CM(-)
全記事表示リンク
Amazonベストセラー



ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。