ブログパーツ

くまの運動会

オリンピック、ワールドカップ、世界選手権などスポーツと健康、ダイエットに関するブログです!掲示板では各種最新情報掲載中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2014 レスリング世界選手権 メダル獲得ランキング

2014年9月8日から9月14日まで、ウズベキスタンのタシュケントで開催されていた2014 レスリング世界選手権。

男子フリースタイルはロシアが、女子レスリング(フリースタイル)は日本が圧倒し、男子グレコローマンスタイルは群雄割拠といった結果になりましたが、全体ではどうなっているでしょうか。
3種目合計の国別メダル獲得ランキングを集計してみました。

やはり全体では、どの種目にもメダリストを続々と送り込むロシアが圧倒。
日本は金メダル数では2位、総数では5位タイとなっていますが、当サイト独自のポイント制では女子レスリングの金メダル4個が効いて、総合2位になりました。
メダル総数ではロシアが1位、2位にイランとトルコ、4位にアゼルバイジャン、そして5位に日本とアメリカとなります。
スポンサーサイト
[ 2014/09/15 18:45 ] 夏季オリンピック レスリング | TB(0) | CM(-)

2014 レスリング世界選手権 - 男子グレコローマンスタイル

2014年9月8日からウズベキスタンのタシュケントで開催されていた2014 レスリング世界選手権。
いよいよ大会の大トリを務める最伝統種目、男子グレコローマンスタイルが9月14日に全て終了しました。
最伝統種目というだけでなく、大会主催者がこの種目をメインイベントのような位置付けにしているだけあって、この種目が始まるや、1回戦から大観衆と大歓声、鳴り物も多く登場しての大応援団と、俄然会場がヒートアップしていて、人気の程が窺える雰囲気でした。
それだけに、この種目は世界の壁が高いのではないかと感じさせるものがありました。

さて、今回もまずは日本選手団の成績から。
・男子グレコローマンスタイル59kg級 - 倉本一真選手は12位
・男子グレコローマンスタイル66kg級 - 音泉秀幸選手は8位
・男子グレコローマンスタイル71kg級 - 江藤紀友選手は26位
・男子グレコローマンスタイル75kg級 - 清水博之選手は5位
・男子グレコローマンスタイル80kg級 - 角雅人選手は29位
・男子グレコローマンスタイル85kg級 - 天野雅之選手は8位
・男子グレコローマンスタイル98kg級 - 大坂昂選手は17位
・男子グレコローマンスタイル130kg級 - 園田新選手は19位

全体で見ると、特定の国に偏らず様々な国に世界チャンピオン級の選手がいる層の厚さが感じられ、金メダルはアルメニアが唯一複数の2個、それに対してメダル総数ではイラン、ロシア、トルコが4個ずつ、さらにはハンガリー、アゼルバイジャンも3個ずつなどとなっています。
[ 2014/09/15 17:36 ] 夏季オリンピック レスリング | TB(0) | CM(-)

2014 レスリング世界選手権 - 女子レスリング(フリースタイル)

2014年9月8日からウズベキスタンのタシュケントで開催されている2014 レスリング世界選手権。
日本選手団が8階級中4階級で金メダルを獲得した女子レスリング(フリースタイル)の結果を簡単にまとめてみます。

まずは日本選手団の成績から。
・女子レスリング48kg級 - 登坂絵莉選手は1位(金メダル:2大会連続
・女子レスリング53kg級 - 吉田沙保里選手は1位(金メダル:12大会連続12回目)
・女子レスリング55kg級 - 浜田千穂選手は1位(金メダル:初出場で初優勝)
・女子レスリング58kg級 - 伊調馨選手は1位(金メダル:2大会連続9回目
・女子レスリング60kg級 - 坂上嘉津季選手は9位
・女子レスリング63kg級 - 渡利璃穏選手は18位
・女子レスリング69kg級 - 土性沙羅選手は2位(銀メダル)
・女子レスリング75kg級 - 鈴木博恵選手は7位

こうしてみると、日本選手団の金メダルが綺麗に軽い方から4階級であることが分かります。
日本以外では、やはりロシアは金メダルこそないものの5個のメダルを獲得しており、各国のメダル獲得状況は以下のようになっています。
[ 2014/09/13 16:29 ] 夏季オリンピック レスリング | TB(0) | CM(-)

2014 レスリング世界選手権 - 男子フリースタイル

2014年9月8日からウズベキスタンのタシュケントで開催されている2014 レスリング世界選手権。
高谷惣亮選手(74kg級)が銀メダルを獲得した男子フリースタイルの競技が終了していますので、簡単にまとめてみます。

まずは日本選手団の成績から。
・男子フリースタイル57kg級 - 高橋侑希選手は5位
・男子フリースタイル61kg級 - 鴨居正和選手は18位
・男子フリースタイル65kg級 - 高谷大地選手は7位
・男子フリースタイル70kg級 - 保坂健選手は12位
・男子フリースタイル74kg級 - 高谷惣亮選手は2位(銀メダル)
・男子フリースタイル86kg級 - 松本篤史選手は11位
・男子フリースタイル97kg級 - 鈴木聖二選手は21位
・男子フリースタイル125kg級 - 岡倫之選手は18位

全体を見ると、ロシアが8階級中5階級で金メダルという圧倒的な強さを見せ、各国のメダル獲得状況は以下のようになっています。
[ 2014/09/10 04:52 ] 夏季オリンピック レスリング | TB(0) | CM(-)
全記事表示リンク
Amazonベストセラー



ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。