ブログパーツ

くまの運動会

オリンピック、ワールドカップ、世界選手権などスポーツと健康、ダイエットに関するブログです!掲示板では各種最新情報掲載中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

日本選手団のメダルは21+5個(南京ユースオリンピック)

2014年の第2回南京ユースオリンピックの競技が終了しましたので、日本選手団の全メダリストをまとめてみました。

日本選手団がメダルを獲得した競技はテニス、トランポリン、バドミントン、フェンシング、ボクシング、レスリング、競泳、柔道、体操、卓球、陸上競技の11競技。

また、公式に日本選手団が獲得したメダルは、
・金メダル7個
・銀メダル9個
・銅メダル5個
・総数21個
となりますが、これに日本を含め複数の国の選手で構成された混合チームで獲得した5個を加えると、
・金メダル8個
・銀メダル11個
・銅メダル7個
・総数26個
となります。

以下、日本選手団の全メダリスト一覧です。
スポンサーサイト

南京ユースオリンピック 11日目(2014年8月27日)

第2回南京ユースオリンピックは、遂に11日目、競技最終日を終えました。

最終日の日本選手団は・・・
・ボクシング 男子ライトウェルター級(64kg)で鈴木稔弘(すずき としひろ)選手が銀メダル
・レスリング 男子フリースタイル76kg級で山﨑弥十朗(やまさき やじゅうろう)選手が金メダル
となり、男子の格闘技種目で2個のメダルを獲得して大会を締めくくりました。

南京ユースオリンピック 10日目(2014年8月26日)

第2回南京ユースオリンピックは10日目が終わり、いよいよ残り1日となりました。

この日の日本選手団は・・・
・レスリング 女子フリースタイル52kg級で向田真優(むかいだ まゆ)選手が金メダル
・陸上競技 8×100m混合チームリレーで森凪紗(もり なぎさ)選手の所属するチーム017が銅メダル
となりました。

チーム017メンバー(大会公式サイト掲載順)
・GEDDES Sam オーストラリア
・NASER Salwa バーレーン
・FATIMA Dhakirina コモロ
・HRUBA Michaela チェコ
森凪紗 日本
・DEL CERRO VILALTA Noel- Aman スペイン
・SIDAMO Wogene Sebisibe エチオピア
・FAHUMEE Hussain Shahudhaan モルジブ
・SAVIO DOS SANTOS Domingos 東ティモール
・CASTANARES MARIANO Martin Nicolas ウルグアイ

南京ユースオリンピック 9日目(2014年8月25日)

第2回南京ユースオリンピックは9日目が終わり、いよいよ残り2日となりました。

9日目はボクシングやレスリングといった競技でもメダリストが続々と決まっています。

また、球技ではハンドボールの決勝が行われました。
女子の決勝は韓国vsロシア。
まさに実力伯仲で一進一退の点の取り合いとなり、前半はやや韓国に流れがある状態で17-14でリードして折り返します。
これに対して、後半に入るとロシアが押し返して逆にリードする展開に持ち込みます。
しかし、これを再度逆転した韓国が32-31で、大接戦をものにしました。

男子の決勝はスロベニアvsエジプト。
こちらも一進一退の大熱戦となり、前半はスロベニアが13-11でリードして折り返します。
後半に入ると、徐々にスロベニアが優位に立っていき、最終的には31-25でスロベニアが勝利、金メダルを手にしました。

尚、女子10m高飛び込みで飛び抜けた力を見せ付けていた中国のWU Shengping選手は、この日の女子3m飛び板飛び込みでも圧勝しています。

さて、9日目の日本選手団は・・・

南京ユースオリンピック 8日目(2014年8月24日)

第2回南京ユースオリンピックは8日目が終わり、いよいよ残り日程も少なくなってきました。

この日は新たにカヌー - カヤック、セーリングといった競技でもメダルをかけた戦いが行われました。

さて、日本選手団はどうだったかと言うと、金メダル3個と銀メダル1個(混合チーム)という活躍でした。
・体操 男子種目別 鉄棒で湯浅賢哉(ゆあさ けんや)選手が金メダル
・陸上競技 男子10km競歩で小野川稔(おのがわ みのる)選手が金メダル
・陸上競技 女子3000mで髙松望ムセンビ(たかまつ のぞみむせんび)選手が金メダル
・テニス 混合ダブルスで山﨑純平(やまさき じゅんぺい)選手が中国のYE Qiuyu選手と組んで銀メダル

湯浅賢哉選手は男子種目別 ゆかでの銀メダルに続いて2個目のメダルが金メダルとなりました。
山﨑純平選手も男子ダブルスでの銅メダルに続いて2個目のメダルで順位を一つ上げています。
全記事表示リンク
Amazonベストセラー



ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。