ブログパーツ

くまの運動会

オリンピック、ワールドカップ、世界選手権などスポーツと健康、ダイエットに関するブログです!掲示板では各種最新情報掲載中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ドイツの優勝成績はちょうど平均(U-20女子W杯)

サッカーの2014 U-20女子ワールドカップ カナダ大会で3回目の優勝を果たしたドイツ。
その成績は全7大会の歴代優勝国と比較すると、どの程度のものだったでしょうか。

そこで、歴代優勝国の比較表を作成してみました。
スポンサーサイト

引分が最多でゴールの少なかったカナダ大会(U-20女子W杯)

2014年の女子サッカー 第7回 U-20女子ワールドカップ カナダ大会の大会全体を歴代大会と比較してみます。

全32試合中引分が7試合あり、これは第5回大会と並んで過去最多。
また全試合のゴール数が102で、こちらは全32試合となってからは第5回大会に次いで歴代2番目に少ないゴール数となっています。
1試合あたりのゴール数にすると3.19で、やはり第5回大会に次いで歴代2番目に少ないゴール数です。

大会毎に上下動はありますが、長い目で見れば次第に引分が増え、ゴール数が減っていく傾向が見られるようですので、女子のフル代表のワールドカップ同様、ディフェンス技術の向上や出場国の実力が上がって拮抗してきていることの表れと解釈できるかもしれません。

第7回カナダ大会までの一覧は以下の通りです。

U-20女子ワールドカップ 通算得点と1試合あたりの得点(サッカー)

サッカーのU-20女子ワールドカップにおける歴代通算得点と1試合あたりの得点のベスト10を見てみます。

通算得点、1試合あたりの得点とも、2014年のカナダ大会前からドイツがトップに立っていましたが、今大会の優勝でさらにその差を広げています。
通算得点で2位のアメリカとの差が26点にまで広がっており、やや独走態勢にも見えます。

また、1試合あたりの得点では歴代通算で北朝鮮がアメリカを押さえて2位に入っています。

日本は通算得点で8位、1試合あたりの得点で5位となっています。

2014年のカナダ大会までのベスト10は以下の通りです。

U-20女子ワールドカップ 通算勝利数と通算勝率(サッカー)

サッカーのU-20女子ワールドカップにおける通算勝利数と通算勝率のベスト10を見てみましょう。

通算勝利数では、2014年のカナダ大会で優勝したドイツが29勝で単独トップに立ち、アメリカが28勝で続いています。
そして、この2強からは離れますが3位に北朝鮮、4位にカナダ大会で準優勝したナイジェリアなど、おおよそ通算勝ち点ランキングと同様になっています。
日本も通算勝ち点と同じく9位。

通算勝率では、アメリカが単独トップを守り、僅差でドイツが追っている状況です。
そして、3位に北朝鮮というところまでは通算勝利数と同じですが、4位に日本が入ってきます。
とは言え、これはカナダ大会に出場した国の勝率が下がったことで、出場できなかった日本が相対的に順位を上げた形です。

2014年のカナダ大会までのベスト10は以下の通りです。

U-20女子ワールドカップ 通算勝ち点ランキング(サッカー)

サッカーのU-20女子ワールドカップにおける歴代通算勝ち点ランキングを見てみましょう。

2014年のカナダ大会で優勝したドイツが、大きく勝ち点を増やし、これまでトップだったアメリカを抜いてトップに立ちました。
そして、今大会でアメリカをPK戦で下している北朝鮮と、その北朝鮮を敗り準優勝したナイジェリアが2トップを追いかけていますが、その差はまだまだ大きい状況です。

日本は2012年の日本大会での3位があり、上位グループの一角に位置しますが、今大会に出場できなかったこともあり9位に後退しています。
現在は中国の一つ下、韓国の一つ上というポジションです。

2014年のカナダ大会までのランキングは以下の通りです。
全記事表示リンク
Amazonベストセラー



ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。