ブログパーツ

くまの運動会

オリンピック、ワールドカップ、世界選手権などスポーツと健康、ダイエットに関するブログです!掲示板では各種最新情報掲載中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

なでしこジャパンは負けて優勝した最初のチーム(女子サッカーW杯)

女子サッカーワールドカップの歴代優勝国の成績を比較してみましょう。

実は第6回ドイツ大会で優勝した日本(なでしこジャパン)の成績は、
「負けて優勝した初めてのチーム」
「歴代最少得点で優勝」
「歴代最多失点で優勝」
といった記録をまとめて更新していることが分かります。

第6回ドイツ大会までの一覧は以下の通りです。
スポンサーサイト

ゴールが少なかったドイツ大会(女子サッカーW杯)

女子サッカーワールドカップ、第6回ドイツ大会までの各大会を比較してみます。

すると、日本(なでしこジャパン)が優勝した第6回ドイツ大会が突出してゴールが少なかった大会であることが分かります。
歴代通算の1試合あたりのゴール数が3.47であるのに対し、この大会は2.69と大幅に少なく、歴代最少得点の大会でした。
これは本大会出場国のレベルが上がり、拮抗してきたことの現れとも解釈できますが、このデータだけで結論を出すことはできませんね。

第6回ドイツ大会までの一覧は以下の通りです。

開催国と優勝国、準優勝国(女子サッカーW杯)

女子サッカーのワールドカップでは特に開催国と優勝国との間の関連性はないように見えます。
それだけ特定の国とそれ以外との間の実力差がはっきりしているということかも知れません。

また、男子ではあれだけ強力な南米勢が、未だに第5回中国大会でのブラジルの準優勝以外、決勝まで残っていないのも女子の特徴です。
さらに言えば、南米はブラジル以外にワールドカップで勝利をあげた国がありません。

反対に男子では結果がなかなか出せないアジア勢ですが、女子では日本と中国が1回ずつ決勝に進んでいます。

以下、各大会の開催国と優勝国、準優勝国の一覧です。

通算得点と1試合あたりの得点(女子サッカーW杯)

女子サッカーワールドカップの各種ベスト10です。
三つ目は、第6回ドイツ大会までの通算得点と1試合あたりの得点です。

日本は試合数が多いため、通算得点では25得点で8位ですが、1試合あたりの得点となると1.14得点で、全24カ国中14位と下位の方になってしまいます。
但し、第6回ドイツ大会に限って言えば、6試合で12得点をあげています。
とは言え、女子は男子より実力差の大きな対戦が多く、1試合あたりの得点も自然と多くなっていますので、この1試合で2得点のペースでも、それほど多いわけではなかったりしますが・・・。

ランキングは以下の通りです。

決勝進出と優勝回数ベスト10(女子サッカーW杯)

女子サッカーワールドカップの各種ベスト10です。
二つ目は、第6回ドイツ大会までの決勝進出と優勝回数です。

何しろまだ第6回までしか開催されていませんので、ベスト10とは名ばかりで10カ国も揃っていませんが、一応形式的に・・・。

ランキングは以下の通りです。
全記事表示リンク
Amazonベストセラー



ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。